不妊 自力 治す

葉酸サプリを飲んだ体験談④

妊娠が分かった直前は、身体がなんとなく火照っていて少しだるいような、でも生理とは違う感覚がありました。
妊娠が判明してからしばらく経つと、お腹が空くと少し気持ち悪くなる「食べづわり」が始まり、10週あたりからはほとんど食べられず動くことも辛い状態になりました。

 

12週を過ぎたあたりからは、少しずつ解消されていきました。食べづわりの頃は、とにかくお腹が空くと気持ち悪いのですっぱさがあるグミや、アーモンドナッツなどを持ち歩いてちょこちょこ食べていました。さらに、ほとんど食べられなくなるつわりになると氷系のアイスやゼリーなどがかろうじて食べることができました。

 

そんなとき、産婦人科の先生に葉酸をサプリなど使ってきちんと摂るようにすすめられました。先天性異常のリスクを軽減出来るし、流産の可能性を低くする説もあったからです。また、葉酸は造血作用もあるので妊娠中でなくとも女性には必要な要素だと知ったのもあります。産婦人科の先生には、なるべく妊婦さん向けに開発されたサプリを選んで飲むようにすすめられたからです。ネットで色々と調べると、妊婦さん向けの商品は葉酸だけでなく、鉄分やビタミンDなど妊娠中に摂りたい他の要素も含まれていることが多いのでそのようなサプリを選びました。

 

葉酸サプリは、朝ごはんのあとと、昼ご飯のあとに飲んでいました。食後なら、忘れずに飲めること、また夕ご飯の時はまだ2歳の上の子どもがいるので、バタバタしていて忘れそうだからです。サプリは食後か空腹時、また回数を分けると吸収が良くなると聞いたのも理由の一つです。つわりはひどかったですが、吐くほどではなかったので問題なく飲めました。つぶが小さかったので、飲み込みやすかったのもあります。サプリを飲む時は、私は脱水予防のためにも、ポカリスエットを水で少し薄めたものを多めに一緒に飲んでいました。